07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

鳩が乱れ飛ぶ 


2007.04.08
Sun
20:50

こんばんは、のなすらです。
オフライン作業はまだまだでしょうか。
どうしてこう、瀬戸際にならないと動かないのか不思議なんですが。
そういう性分らしいので忘れることにします。

さて、関東の話になってしまうのですが、
深夜に『男達の挽歌』がやってました。
番組表で発見したとき、のなすらは見る気満々だったのですが、

あまりの眠さに開始10分前に陥落。
慌てて眼を覚ましたとき、すでに終わっていました。

チョウ・ユンファの勇姿が!


監督であるジョン・ウーの代名詞に、鳩があります。
鳩が乱れ飛ぶとき、数多の銃弾と、命が散ります。

初めて見たとき、ものすごく興奮したのを覚えています。
ハリウッド的なガンアクションも悪くはないのですが、なんとなく
尺を稼いでいるという印象がぬぐえません。

ですが、ジョン・ウーのガンアクションは、それ自体が
独立した作品である、と言えるでしょう。

どれだけ撃っても、主人公には当たらない――
そんなフィクションを許さない緊張感が、アクションシーンに
張り巡らされています。

だからこそ、主人公(主人公格)が撃たれてくずおれるとき、
カタルシスがある。滅びの美学がある。

一発の弾丸ですよ。
最後に欲しいものは。

シリーズがごっちゃになってる気がしないでもないですが、
美しいのです。

どかどか撃ってるだけだろ、という意見もありましょうが、
テンションが上がるからよし! とのなすらは言います。


監督は違いますが
リベリオンのガン=カタなんかいいですよね。
テンション上がります。


ストーリーは別にしてw

category: 雑記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 携帯の待受画面(BlogPet)  | h o m e |  ハチ公の日(BlogPet) »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoukoko.blog77.fc2.com/tb.php/66-194fdc61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。