07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

ボーっとしてました 


2008.03.31
Mon
08:56

賢狼ホロ


モンハン買えないんだもんヽ(`Д´)ノ

おはようございます、のなすらです。
なんかあっという間に時間だけが過ぎていって、「オレ、何かしたっけ?」というくらい
なんもやらずにいました。
正確には、モンハン難民スレを見ながら漫画読んでたけど。
都内の大型店はいいなぁ。在庫いっぱいあって。

さて、2ndのデータを進めず、かといって絵も描かないでは、
ほんとになーんも前進しないわけですが、悶々とした気持ちを忘れさせてくれる
作品に出会ったのは僥倖というしかない。
名前だけはずっと前から知っていた『狼と香辛料』です。
ファンタジー世界で、バトル物をやらずに経済・流通をメインにした異色作、という
認識だったんですが、これ嘘。
本当は、絵にも描いた『賢狼ホロ』と主人公のロレンスにニヤニヤする作品です。
(ちゃんと塗れるかなぁ)

小説のほうじゃなく、小梅けいとさんの漫画版を買ってみたんですが、すごくいい。
二人のやり取りから察するに、小説版だともっと高度な駆け引きやってるっぽい。
話自体も、面白いです。
為替や株式、FXなんかを上手に料理していて、この作品で経済学に興味持つ人も
いるんじゃないかと。

もひとつ。短編集『探偵綺譚』、『ネムルバカ』で興味を持った石黒正数さんの代表作、
『それでも町は廻っている』を全巻買ってみた。
感想:なぜもっと早くに買わなかったんだ!

主人公はメイド喫茶でバイトしているので、メイド分が豊富です。
でもオーソドックスなメイド喫茶ではなくて、商店街にあるなじみの喫茶店であり、
制服としてメイド服だけ着てみた、というぬるーい感じがいいです。
(あとがきによると、メイド喫茶行った事ないみたい。のなすらもない)
登場人物の年齢層も豊富。『町内』が舞台なので、いろんなおっさんとか、おばさんとか、
こどもとか、果ては宇宙人まで出てきます。
(ちゃんと描き分けてるのが凄い。可愛い子もちょっと残念な子も、皆キャラが生きてます)

何気に、短編集のタイトルになった『探偵綺譚』という作品に、それ町のメインキャラが
出ています。というか、それ町の連載前に描かれたものらしく、
それ町を読んでいるときに「このキャラ見たことあるよなぁ……」と何度も首をひねっていたのなすら。
他にも、ネーミングやらキャラデザインが他の作品に登場してたりして、
なかなか短編集も侮れません。
(『カラクリ』という作品のヒロインなんかは、ネムルバカの先輩にしか見えないw)

ついでに映画化、アニメ化が決まってるDMCも。
サタニック・エンペラーが終わった後だからか、幕間という印象?
でも、相変わらずクラウザーさんは素敵です。
帯に松山ケンイチさんのクラウザーさん姿があったりして、「思ったよりいいな……」と感嘆を
もらしました。
どうやらデスノートで死亡したLは、クラウザーさんに転生したようです。

明日は四月馬鹿だけど……スルーでいいかなぁ。

category: 落書き

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« メモメモ  | h o m e |  一目惚れは叶いにくい »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoukoko.blog77.fc2.com/tb.php/641-3a614f77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。