05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

新刊にわくわくする 


2008.02.22
Fri
23:26

今日は3冊。

こんばんは、のなすらです。
・もやしもん6巻
・蟲師9巻
・3月のライオン1巻
を買ってきまんた。

注目していたけど、実際には読んだことがなかった、3月のライオン。
というか、羽海野チカ作品買ったの初めてだったりします。
(ハチクロは買おう買おうと思ってるのに、タイミングが悪い。財布の事情とか)
のなすらの個人的な羽海野チカ像は、オビ職人だったりします。
買う本買う本オビに登場してたもんだから、
「この人は本当に漫画好きっぽいなぁ」とか想像してました。

で、読んでみた感想。
んまいっす。いろいろ見所があって、ぬこが飯くれ飯くれ騒いでるのに微笑んだり。
女の子は元気なのが一番です、といった勢いが心地よい。
全力で笑って、全力で泣いて。太陽みたいなエネルギーの放射量に癒されました。
少女漫画を描く、というのはモノローグの使い方が違うんだよなぁ、と再認識したり。
(サンプル少ないけど)

王道の少年漫画だと、キメは見開きの大ゴマで『ドン!』が定番ですが、
少女漫画の場合、ざっくりとえぐるような『言葉』がメインぽい?
なんちゅーか、自分が読んでいるんだけど、その『言葉』は自分以外の誰か
(キャラ本人なんだけど)が、台詞を発していると錯覚を覚えてしまうというか。
(朗読を聴いている、という感覚に似ている)

うーんと、のなすらの勝手な思い込みもありますが、
作品に対する没入度の質が違うのかな、と。
いわゆる男の漫画の場合、作品に没入すると誰かに自分を投影したり、
自分もその場にいるような感覚で読むんだけど、
女性的な漫画の場合、作品との距離感がはっきりして、『スクリーン』越しに
物語を見ている、という感じがする。
(あくまで、のなすらはですよ?)

むー……うまく言語化できないのが、もやもやするけど。
3月のライオン、非常に面白かったです。
ちゅーか、おまけ漫画のラストで噴いたw
パンツマン、実はおしゃれ説w(読んでみるといいんじゃないかなw)

一方、もやしもん。
新キャラ登場。新キャラなんだけど、よく知っているキャラクタのそっくりさんなので、
いつものメンバーにしか見えませんw
マリー可愛いよマリー(*´Д`)

もやしもんは欄外が遊び心たっぷりなので、ページめくるのが楽しくてしょうがないw
今回気になったのは、『斧で父親を~』事件でアニメが放送中止、延期になった(痛いニュースさんでも取り上げてた)ことに対して、担当氏が寄せたコメント。
「(省略)なんじゃそれって、皆さん思いませんか?」(この文責担当)
ちゃんと文責でコメントしてるのが、剛毅だなぁと思いました。
(でもすっげー読みにくいっす、文章……)

痛ましい事件が起こるたびに、あの漫画だアニメだ~って、槍玉に挙げるのはおかしい。
そういうシーンだけ抽出すれば、そりゃ残虐なものに見えるかもしれないけど、
同じことが映画やドラマにも通用するし、何よりマスコミが流してる殺人事件の報道のほうが
ノンフィクションな分たちが悪いんじゃないの? とか思わないでもないです。
(たまに殺害方法まで流したりするし)

話それたけど、もやしもんもおもろかったです。
しかしこの漫画、酒が飲みたくなる……。

最後に蟲師!
まだ読んでません。これは連載で追ってるので、内容は知ってるんだ。
この作者の短編集、『フィラメント』を読むと、
蟲師の面白さが再認識できるかもしれません。
(少女漫画と、いわゆる青年漫画のメソッドがうまく融合されている、というべきか。
漆原友紀名義じゃない作品は、非常に詩的で、びっくりするほど女性漫画)

本当は落書きつきで記事書こうと思ったんですが、今日はなしで。
(なんか描くと動かしたい衝動に駆られるw)
うへぇ、長々と書いちまったぜ。

category: 雑記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« ちょっと考えてみる  | h o m e |  ひとまず完成 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoukoko.blog77.fc2.com/tb.php/605-a3853e0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。