09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

某国のイージス 


2007.04.05
Thu
13:31

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070405-00000001-yom-soci

イージス艦情報、わいせつ画像交換で拡散

日本(うち)のイージスじゃないか!

こんにちは、のなすらです。
イージス護衛艦といえば、福井晴敏さんの『亡国のイージス』で
ちょっとは注目されたんじゃないでしょうか。

凄いんですよ、イージス護衛艦て。
なんでもできますから。
いま練習中なのは、外野フライを空中で捕ることですかね。

のなは軍事に詳しいって程じゃないので、詳細なスペックとかは
語れないですが、嫌いではないです。
もちろん、本来あるべき使い方をして欲しい、とは望みません。

でも、これだけは知っていて欲しいのです。
日本の防衛は、高度に発達した軍事力があって、
それでもぎりぎり守られているということを。

戦争になったら、ものを言うのは数です。
ガ○ダム一機で戦況を覆せるほど、甘くはありません。
まして日本の首都、東京は国家運営のための機能が
一極集中しているため、叩かれたらもろいのです。

何より、最大の脅威はミサイルなどではありません。
天候です。
連日連夜大雨が降ったら、交通網が死にます。
これが有希雪だった場合、もっとシビアです。

『亡国のイージス』では、たった一隻のイージス護衛艦で
日本に戦争をしかけました。たったの一隻です。
しかし、懐深くに潜り込まれたため、
東京を人質にされた日本政府はてんやわんや。

さっさと沈めてしまえばよかろう、と思った方は間違いです。
一応、駆逐艦や巡洋艦とは異なるので、攻撃が目的の艦ではありません。
ですが、鉄壁の防御を誇るのがイージス護衛艦です。

イージス艦をイージス艦たらめしめているイージスシステム。
これが凄いのです。よくアニメなんかで、マルチロック、マルチアタック
なんか見栄えがしてカッコいいのですが、これを素でやります。
しかも、脅威度順に自動選別して対処します。

ソフトキル(電子妨害)、ハードキル(直接破壊)どちらでもいけるため、
イージスを落とすには高価なミサイルをこれでもかとつぎ込まなければなりません。

つまりですよ?
頑張ってイージスを沈めても、本土を攻撃するための余力がなければ
作戦遂行とはならないのですよ(戦争時)。

また『亡国のイージス』の場合だと、イージス艦には
特殊兵器が搭載されている(ということになっている)
ため攻撃がそもそもできませんでした。
(※隠密に事を済まそうにも、イージスシステムによって航空機、
船舶は補足されてしまいます。ばれたらミサイルが東京を襲うため、
人間が頑張るしかなかった、と)

もしも、全力でイージス艦を破壊に出ていたら、
特殊兵器が東京を襲ったでしょう。それを別のイージス艦が落としたとしても、
騒ぎが世界中に知られてしまう。
浮き足だった日本を攻める国がないとはいえません。
まぁ、アメリカが黙っちゃいないでしょうが、日本の信用は地に落ちるでしょう。
(この辺は政治面での戦争ですね)

凄い、凄すぎるぞ、イージス護衛艦!
(世界丸見えのナレーションで読んでください)

……ですが、大変高価です。イージスシステム。
これ、アメリカが作ってるんですが、日本のシステムは
型オチだったりします。一応共同開発なんかして貢献度抜群なのですが、
それでもアメリカは自分が一番好きですから、最新型はくれません。

また、採用している(できる)国は少ないです。
値段もそうですが、アメリカの脅威となりうる国には
許可してません。

そんなアメリカの国防機密ともいえる
イージスシステムがですよ?

エロと引き替えに

情報を流出してしまうと

大変なことになるわけですよ。


ういんどうずえむいーを主OSにしたロケットで宇宙に行くくらい
大変なことですよ。

どれだけ高度に文明が発達しても、

エロには勝てないということでしょうか。

インリンがテロリストを名乗るのも頷けますね。
インターポールに指名手配される日も近いでしょうw

category: ニュース

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 通勤・通学時間(BlogPet)  | h o m e |  今流れている番組(BlogPet) »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoukoko.blog77.fc2.com/tb.php/59-509c5ee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。