09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

今だから言えること(BlogPet) 


2007.04.02
Mon
00:31

BlogPet 今日のテーマ
「今だから言える秘密をこっそり教えてください。」


実はボク……女の子なんです。

あれぇ!?
一日終わってる!

こんばんは、のなすらです。
いまだから言える秘密、とのことですが。
んー、そうだなぁ。じゃあ、たまには真面目に。

のなすらは昔、うっかり家に火をつけそうになったことがあります。
ストレス云々とか、放火したかったとかじゃなくて、本当に気負いもなく、
火をつけたんですよ。

ティッシュに。

マジックなんかで、紙に火をつけると凄い早さで燃え尽きますよね?
ティッシュもそんな感じです。空気の含有量が多いからか、とにかく、
『ボッ!!』と燃えるんですよ。

ティッシュは手に持っていましたから、熱さと勢いに驚いて、

放り投げる→着地点に燃えやすいものがある→ハートに火がつく→
我に返る→雑誌なんかでばさばさ叩く→鎮火。

いまは煙草を吸うので、ライターを常備しているような状態ですが、
当時はやりませんでしたから、ライターは宝の持ち腐れだったわけです。

存在理由を与える、と考えると納得がいかないこともないですが、
安易に火をつけてしまったことは深く後悔しています。
(墓参りで線香に火をつけるときは、いまでも怖いです)

あとは、乾燥した冬の原っぱ。
これはのなすらがやったことではありませんが、火をつけた人がいまして。
枯れ草を焼いて綺麗にするつもりが、風に乗って広がる広がる。

炎が。

いやぁ、バケツの水があんなに頼りなかったことってないですよ。
自信を持って断言します。

火は生きてます。

これはダメかも分からんね……と、頭の片隅で考えていた刹那、
火は唐突に勢いを落とし、鎮火してしまいました。
燃えるものがなくなったからです(酸素はありますけどね)。
想像できますか?

決死の消火作業の末に、火は鎮火した――
これは行動が実を結んだよい結果です。でものなすらが体験したことは、

呆然と立ちつくす僕らを後目に、火はあざ笑うかのように姿を消した――
ですよ?
気まぐれを起こして消えたなんて――しばらく実感が湧きませんでしたよ。

というわけで、いまだから言える秘密でした。
本当は別のことを書くつもりでしたが、

傷が癒えてなくて書けそうにありませんw

category: 雑記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« マルチタスク  | h o m e |  どうなってるの »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoukoko.blog77.fc2.com/tb.php/49-1127d409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。