08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

彼が帰ってくるわ 


2007.10.01
Mon
23:19

24のシーズン5が始まるですよ。

相変わらず、夜中ですが。
こんばんは、のなすらですよ。
眠い目をこすりながら、地上波放送のみで見てきた24との戦いが、
再びやってきました。
シーズン4では戸籍を消して、アメリカを去ったジャックがどうやって戻ってくるのか。
(ちらっとウィキペ見て後悔した……orz)

シーズン4で変革があったのは、
中国政府とのやり取りですかね。
いままでは、なんだかんだいってアメリカ対テロ組織という面ばかりだったんですが、
(そりゃCTUはカウンターテロユニットだから当然なんだけれど)
中国大使館襲撃により、大国同士のやり取りに発展。
こうなると、テロばかりを相手にしてきたいままでとは違い、
政治的な駆け引きが格段に上がります。

……こんなことをいうのは野暮なんだけど、
中国敵に回すような話にして大丈夫なのかなぁ。
日本だったら総バッシングなんだろうけどw
なんだか、24というドラマ自体が『政治の道具』になりつつあるんじゃね?
とか妄想を膨らませてみる。
もちろん、国のトップには大した影響力はないんでしょうが、一般大衆を
扇動することは可能だろう、と。
(チャイナフリー問題とか、いろいろ溜まった鬱憤を晴らす舞台として
ドラマに取り上げられたというかね)

「アメリカはこんだけ危機に陥っても、全然大丈夫なんだぜ!」

というアピールになっているだろうし。

日本の場合、虚構は虚構として捉えられるものばかりなんですけど、
(でもレールガン作ろうとしたり、ビームサーベル作ろうとしたり、ガンダム作ろうとしてるから
あながち虚構にとどまっているとは言い難いけどw)
24は軍が協力してるんで、出てくる兵器とかがリアルで存在しますからねぇ。
大分昔のFBIなんて、勝手に他国に入って目障りな人間消したりしてたし。
いまでもCIAは暗躍してるし、NSAは国というより地球上を睨んでるし。

強い国アメリカの象徴が、結局は兵器しかないというのは、穿った見方?
(サブプライム関係で世界中の経済に迷惑かけたから、経済はアメリカも苦しんでるw
これからはEUでしょう)

あ、関係ない話ですが、MPO+にAPスカウトというものがあるんですよ。
アクセスポイントを検出すると、兵士を仲間にできるシステムなんですけどね。
今日、帰る道すがらAPスカウトを起動したまんま運転してたんですけど、

ゲージがピクリともしなかった。

なんちゅーかね。
悲しいことではあるんですけど、それよりもね。
……その、

下半身を露出しながら運転してるみたいで

ドキドキしました。
(や、やったことねーよそんなこと。ほんとだよ)

category: 雑記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« なんちゅーか  | h o m e |  風邪っぽい症状でダウンしてたので »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoukoko.blog77.fc2.com/tb.php/436-0bd57fc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。