03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

紙粘土には苦い思い出が 


2007.07.24
Tue
23:45

受験生だけど紙粘土でハルヒ作った

うめーなちくしょう!

こんばんは、のなすらでっす。
立体造形がうまい人、尊敬する。
こういう、目に見える実力差みたいなのは、非常に畏怖を覚えやすいですね。

のなすらが小学生だったころ、同級生にむちゃくちゃすごい人いましたよ。
イラストを描かせてもうまく、造形も桁違いにうまい。
いったい、どうやったらそれだけできるのか知りたかったんですが、
当時は聞くことはせず、結局うやむやのまま時は過ぎてしまいました。

で、紙粘土といえば、授業の工作で取り扱う題材です。
古くは鉛筆立てなんかやりましたねー。
空き缶にもりもり粘土くっつけて、色を塗る。
大抵は家に持って帰るとゴミの日になくなっちゃうことになるんですが。
あれ? 捨ててないよ? 捨ててないけどなくなっちゃったよ?
ゴミの日に。

あー、針金で芯作って、人型に形成していくのもやりました。
件のうまいやつと構成は同じのをやったんですが、
いやはや、うまいやつはすごい。
何がすごいって、ちゃんと重心バランス考えて作ってあるから、
足がドムにならないんです。
非常にスリム。
のなすらのは重心が悪く、ちゃんと立たせるために足をドムにするわけです。
すると、ホバー移動ができるようになって、三機で編隊組んで、ジェットストリームアタックを
仕掛けられるようになります。
怒ったガンダムにふるぼっこですが。

……話が脱線しました。
紙粘土で作られたハルヒも、やはり重心バランスがきちんと取られているため、
前のめりに倒れてはいませんね。
重心がずれていると、絶対前に倒れます。
何気に瞳の描き方もうまいw
(キャラクタの命は眼です。眼が死んでると、どうしようもなくなります)

ふと思った。
夏休みの自由研究(自由工作)で、
フィギュアを作る小学生とかいるんだろうか?
なんか、いそうじゃね?
何年か経って、そいつが後悔するか、その道を極めようとしているかは
のなすらには知るよしもないことですが、畏怖めいたものを覚えずにはいられません。
(平成生まれが、もうすぐ成人だもんなぁ)

category: 雑記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 足りない栄養素  | h o m e |  ブログペットの一言コーナー »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoukoko.blog77.fc2.com/tb.php/327-c42a4cbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。