04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

オルタナティブ? 


2007.03.26
Mon
21:00

行くか行かないか――

買うか買わないか――

止めるか止めないか――

やるかやらないか?

そんな二者択一の瞬間が、結構あるという人。
きっと優柔不断です。

こんばんは、のなすらです。

あ、上記に当てはまる人、

握手しましょうw

これ、迷わない人はほんと迷わずすぱっと決めますよね。
快刀乱麻を断つ、という勢いで。
その決断力を、優柔不断の人が持つにはどうしたらいいのか、
ちょっと考えてみましょう。

大体において、迷わない人というのは
厳格なプライオリティを持っているような気がします。

たとえば、食事。
自炊でも外食でも構いませんが、優柔不断な人だと
何にしようか頭を悩ませると思います。
そんなときのなすらは、とりあえずテッパンを選びます。
失敗はしないけど、予想外でもない、という安堵感。

お腹がいっぱいになれば、とりあえず文句は出ないもんです。
でも、こうも思うんですよ。
「もちっとこだわっても良かったかなぁ」と。

その点、迷いがない人は違います。
格付けされたランキングから、該当するものを選んでいく。
つまり、消去法ですね。逆に優柔不断の人は、加点法です。

将来性を鑑みたとき、無駄のない方はというと
圧倒的に消去法です。外れを切っていくのですから、
当然テッパンが残ります。万が一はずれた場合でも、
予想を大きく上回る、ということは稀でしょう。

でもこれ、見方を変えると『出る杭は打たれる』なんですよね。
トップダウンの平均化がなされるため、張り合いがなくなってしまう。

この辺で教育論をしゃべり出す予定でしたが、

面白くないのでクイズを出します。

優柔不断なNさんが、とある橋の前で立ち止まっています。
橋の前には『このはし渡るべからず』という看板が。
Nさんは橋を越えた先にある病院に向かわなければなりません。

さて、Nさんはどのような選択肢を取ったでしょうか?


1)迂回する。
2)橋を渡る。
3)渡れば早いから試してみるが、やっぱり引き返して迂回を試みる。しかし、
後ろ髪を引かれてしまい、もう一度橋が渡れないかチャレンジして、結局迂回する。

はい、


続きはWEBで。

category: 雑記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« オルタナティブは終わらない  | h o m e |  威風堂々 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoukoko.blog77.fc2.com/tb.php/29-9ee4d8f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。