04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

テロリストは沈黙する 


2007.06.19
Tue
15:36

ちと気になった言葉があるので書いてみる。
(引用しまーす)

サイレントテロ
現在の社会状況、または自らの置かれた社会的状況に対して悲観的観測を抱きながら、それを「現実」として受け入れようとするときに起こる人々の行動。

その「悲観的状況こそが「現実」なのだ」と諦観する、一種の「絶対観」的な「現実肯定」に基づいて、「スロー消費」「非婚・晩婚化」「少子化」「NEET」「ひきこもり」「自殺」などのように、さまざまな社会活動――消費行動や人間関係、ひいては自らの生存そのものを消極化、縮小、または消滅させていくこと。

これらの消極的かつ間接的な暴力によって、意図するとせざるとにかかわらず、「見えない社会の空洞化」が引き起こされる。現在の社会に対する消極的抵抗、あるいは沈黙の異議申し立てであるといえる。



はてな参照なんですが、解説が非常に面白い。
テロリズムというと、確信犯が浮かぶわけですよ。
政治、宗教思想を持った犯行=パブリックエネミーとね。
で、自爆テロなんかよく報道されているわけですが、これらは巨視的に見ると
マイクロテロでしかない、と。
人が大勢亡くなっているし、多かれ少なかれ政治的な影響があるわけですよ。
でも、神の名の下に突撃したって、経済が劇的に変わったりはしません。
他にもっと大きな市場があり、そこが活発に動いているからです。
では、そこへ自爆テロを敢行する? 911のように?

結局、人の命ですら消費されているんですよね。
そうして世界が回っている。

では、もっと大きなテロとは何か、というのが今回の趣旨です。
サイレントテロ。
テロ、と物騒な名前が付いていますが、暴力性はありません。
経済社会への反抗方法として、「消費しない」という選択を取ることを
サイレントテロと言うそうです。

金持ちがどうやって稼いでいるのかというと、強盗のように現金を巻き上げてる
わけではなく、売り上げによって得られた資金が元になっていますから、売り上げ
そのものが落ち込めば懐へ入るお金も少なくなります。
また企業にとって、売り上げが落ちることは株価に影響しますから、深刻なダメージが
蓄積しますね。
このサイクルを「宣言せず、自覚もせず、ただ生きる」だけで行えるのがサイレントテロ。
一つの企業を潰す、というのは結構難しいことで、関連する企業、提携企業、
付随する中小企業がまとめて共倒れ、とかなるわけですよ。

徹底的な不買生活を全世界的に行うことで、国が傾いてしまう不思議。
日々、質素で簡素に生きるだけで、経済が傾いてしまうのです。

「みんなやろうぜ!」と言い募らなくても、現実的に少しずつサイレントテロ化する
人々が増えてきて、問題は結構深刻化しているらしいです。

歯止めをかけなければ、と思う反面、納得している自分に気づくのなすらです。
だって、お金ないんだもん。
消費したくてもできないんだから、しょうがない。

見たくないけれど、参考(リアルタイム財政赤字カウンタ)

現在の日本全体の長期債務残高総額(地方含む)
約1137兆8511億円。
国民一人当たり、約910万円。

普通国債残高は、
約657兆1050億9000万円
国民一人当たり、約525万円。

ただ生きてるだけで、1000万円近い借金ですよ。
どうすりゃいいんですかね……?

category: 雑記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« とれーにんぐ  | h o m e |  それなんてエロゲ? »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoukoko.blog77.fc2.com/tb.php/241-84b0f816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。