09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

ちょっと消しゴム買ってくる 


2007.06.11
Mon
00:51

消しゴムでアニメキャラのハンコ作ってみた(日刊スレッドガイド)

カッターにまつわる思い出というと、ミニ四駆のボディ肉抜き中に
右手をざっくり切ったことかな☆

こんばんは、のなすらですよ。
ちなみにそのときの傷、消えてません。
具体的な場所は、右手の親指の血管が走ってるすぐ側です。

あぶねぇな、小学生ののなすら。

さて、消しゴムハンコですが、よくできてる!
なんかこう、イラストハンコっていいですよね。
イラストは描き上がりで完成してしまいますが、
ハンコの場合は元絵と、押したハンコで微妙にできばえが違ってくる。
押し方の美学なんてのもありそうw

小学校の図工の時間に、版画なんぞやりましたが(懐かしい)、
あれくらいキャンバスがデカいと、正直小学生は持て余しちゃうと思うんですよ。
その点消しゴムなら、実に有限なサイズです。
構成を考え、イラストを考え、線の太さを考え、自分の技量を考える。
モノ造りの醍醐味ですな。

イラストなんかは、どでかいキャンバスに描くよりも、掌サイズで描いた方が
全体を把握しやすいので、手、そして眼を養うことができます。
(フリーハンドで描ける線というのは、訓練しないと上達しません。うまい人は
フリーハンドで正円に限りなく近い円を描けるらすぃ。のなすら? 無理無理)

集中力が続かないという人でも、消しゴムサイズならちまちまやれる。
失敗しても、そんなに懐が痛まない。
深く掘りすぎなければ、ある程度の厚みで切り離し、消しゴムとハンコで
別々に使える。

万能じゃないですか。テクニックの上達も感じやすいと思いますし、
無趣味な人はちょっとやってみるともいいかも。

つ【その2

category: 雑記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 青春と共にあった名作が……  | h o m e |  ファッション(今日のテーマ) »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kyoukoko.blog77.fc2.com/tb.php/213-2723b766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。