02/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./04

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

テキサスのステーキを食おうじゃないか。 


2008.03.19
Wed
23:49



Ω<イ゙ェアアアア!

こんばんは、のなすらですよ。
ナマモノ食った後に腹痛くなると、いろんな病状を連想して怖くなります。
ノロウイルスが怪しいけど、ただの腹痛であって欲しい。

さて、陽気なテキサス親父こと、プロパガンダバスターがやってきましたよ。
(ようつべのは字幕なしだったんで、ニコニコで)
観た感想。
親父、すっげー正論。チベット問題に対し、親父が持ってる新聞には『併合』、と書かれているらしい。
50年以上も前に、チベットは中国に併合された――
そんな話、どこにもありません。
親父はこんな風に言っています。
『ナチスドイツがフランスへ乗り込んだとき、フランスを併合したか?』
『もしくは、侵略して、鎮圧して、占領したか?』
『中国共産党がチベットにしたことはまったく同じだ』

『侵略して、鎮圧して、占領した』

『すかさず、文化の破壊を試みた』

      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,     親父GJ!!!!!!
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;

うん、非常に力強いコメントです。
しかもこの親父、中国が親父の動画を観られないことを知っていて挑発しているw
(現在、中国はyou tubeへのアクセス全面禁止。理由はいわずもがな)

最後に親父は、マスコミを信用するなといっています。
マスコミはお前らを信用していない、と。
痺れるぜ、親父。

ついでに、痛いニュースさんのシナチズムあふれる記事を貼り。
【チベット大虐殺】 温首相 「ダライが『チベット独立放棄』し、『台湾を不可分の中国領土と認める』なら、対話してもいい」
まずタイトルで圧倒されますね。
「ダライラマがどうして台湾のことを決められるのか」と。
コメント欄も熱いです。膨大なので時間かかりますが、他人事ではないという認識があって
考えさせられます。
(中国が動く、ということがどういうことかが、ちょっとずつ見えてくる。
世界の警察アメリカは、テキサスの親父が言うとおり、中国擁護に回ってるわけで)
あと気になるのは――日本のニュース!
チベット問題の放送時間、超短い!
クソの役にも立ちません。聖火リレーに選ばれた著名人とかどうでもええっちゅーねん。
オリンピック開催しようとしてるお隣さんは、戦争の準備してんだぞ!
スポンサーサイト

category: ニュース

trackback(0) | comment(3) | 記事編集

go page top

今日の腹筋スレ 


2008.03.19
Wed
06:34

小学校の女教師

小学校のおばはん先生って、マジおかしいの多くなかった?

しまった、おばはんか!?

おはようございます、のなすらです。
小学生と女教師、というシチュエーションで、おいしい体験なかった? という
IDの数だけ腹筋スレかと思ってたら、トラウマスレでした。
でも描いちまったもんはしょうがあるめい、ってことで貼り。

実際、のなすらにも経験あるんで『あるあるwwww』とは言えないっす。
『あー……うん、あったね、そんなこと……』というテンション。
後々になって、あのときゲンコツ食らったのはしつけの意味で正しかったんだなぁ、と
しみじみ思える、優しくておっかないおばちゃん先生は、恩師だと思っています。
確か小学一年生のときの担任。
逆に、いまでも『死ねばいいのに』とナチュラルに言えちゃう、厚化粧の教師もいたりして。
学校が嫌いになった大本がこの人だと断言できる。
自律神経失調症になったくらいですからね。

男の先生の場合、ひいきはあっても、そんな過剰じゃなかったりするんですが、
(そういう先生は大抵フランク)
女の先生の場合、極端にひいきしますよね。あとヒステリック。
ひいきの子が自分の理想と違うことをすると、尋常じゃないくらい怒鳴り散らす。
なんなんでしょうね、あれ。
お前の子供じゃねーし、人形でもねーよ、と言いたい。
(んー、でも、男の暴力教師もいたなぁ。担任にはならなかったけど、隣のクラスに聞こえるくらい
でかい声で怒鳴ってたり、聞いた話だと机の上に正座させて、張り倒したとか)

うあー、思い出したくね。
……ああ、こういう話にうってつけの小説がありますよ。
乙一さんの『死にぞこないの青』。
この話の主人公を、「歪んでいる」と感じた人がいるならば、
のなすらはこう言ってやりたい。

あなたはさぞ、シアワセな人生を歩んでおられるのですね、と。

category: 落書き

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。