02/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./04

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

人間は考える葦である 


2008.03.01
Sat
00:16

更新はなし、という更新はアリなのかナシなのか。

こんばんは、のなすらです。
更新の内容について考えるところがあって、
いろいろ考えた結果、ちとサボろうということにしていたわけですが。
サボり癖やべぇ。超やべぇ。

刺激欲しさにいろんな絵を見まくってたら、なんも描かなくなってたw
いわゆる本末転倒なんですが、『うめぇwwww』って絵はいっぱいあるんだけど、
『よし、俺も!』という刺激があんまりなくて。
おかしいなぁ、なんでかなぁ、って自分を省みたら、
なんちゅーか、観察者としての自分が、描かない人間モードに入ってて、
評論家みたいな目で見てることに気づいて愕然。
(のなすらのスタンスとしては、絵を描いた、という事実だけでプラス評価だったりします。
要するに減点法じゃなくて加点法)

これは非常によくない。
文章なんかもそうですが、こういう気分のときに書く文章は、
書きたくて書いた、というよりも、書く為に書いた、という駄文になりがちです。
自分の立ち位置を完全に見誤ってる。
(加点法の弱点は、評価を甘く見積もっちゃうところですな。自分に甘くなりがち)

これではいかん、とペンを握るものの、変に目が肥えたせいで、何描いてもボツに。
理想の自分に、現実の自分がついていかない歯がゆさに諦めてしまう。
こういうのが描きたい、と資料用に探した絵を見て、さらにへこむループ。

ダメだなぁ……のなすら、ダメだなぁ。
――と、泣き言を吐き出したところで。

トライガンの最終巻読みました。
感想。

震えた。

他の誰でもない、ヴァッシュ・ザ・スタンピードにしか作りえなかったエンディング。
これがすごく気持ちいい。
ぶっちゃけ、(主人公)誰でもよくね? という作品があったりする中、
彼以外では考えられない、という軸のしっかりした作品であったことが、すごく嬉しい。
天才型の主人公が、バッサバッサと勧善懲悪をやるのも嫌いじゃないけど、
努力して、辛抱して、我慢して、我慢して、我慢して、我慢したヴァッシュが
もう最高にカッコいいんです。
どんな状況でも不殺を破らなかった彼が、たった一度だけ破らざるを得なかったシーンとか、
めちゃくちゃ泣けるわけですよ。
(……という感動を絵にするつもりだったw)
いやぁ、いい作品でした。

でもって、もう3月ですよ――3月?
ということは、ブログ始めてもうすぐ1年になるようで(3/15? かな)。
個人的な目標として、画力うp! だったんですが、
少しはましになったのだろうか……。
きっちり仕上げた絵を15日にはうp、と目標を立てておこう。
スポンサーサイト

category: 雑記

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。