10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

パイオニアのバイタリティはすげぇ 


2007.11.09
Fri
18:42

筒井康隆さん、73歳でライトノベル作家に

うおお!? って思った。

こんばんは、今日無駄に歳食ったのなすらです。
大人の階段て、昇るもんじゃなくて降りるもんじゃね?
(エネルギは時間経過と共に下降曲線を描くわけだし)
まぁ、それはどうでもいいんですが、ちと気になったことが。

「ビアンカ・オーバースタディ」というライトノベル作品を2008年1月発売予定の雑誌「ファウスト」(講談社)に掲載する。


ファウストって、ライトノベル雑誌だったのか!
もっとメインストリームである、電撃とか角川に書くのかと思ったら、ファウスト。
……えーと、確か東浩紀はファウストをラノベって定義せず、
ライトノベルと一般小説のつなぎ目になって欲しい、みたいなことを
言ってたような気がするけど、そんなことはなかったZE☆

ちゅーかね。この記事を見て、
『ああ、ラノベってまだ一般文芸から馬鹿にされてんのな』
と思った。

ライトノベルの定義としては、挿絵や表紙に漫画・アニメ調の絵がある、
みたいな感じされてますが、じゃあ、それらを取っ払ってコンテンツがまったく一緒なら
ライトノベルじゃないんですか、と。

乙一作品によく見られる傾向です。『角川スニーカー文庫』で出したのを、
絵だけ取っ払って『角川文庫』に収録したりね。
ということはですよ。
いまのライトノベルレーベルは、従来路線とイラストを取っ払ったのの2種類出せば、
後者の利益が見込めるんじゃないの?

電撃は試行錯誤しながらハードカバー出したり、極力イラスト抑えたの
出したりしてるみたいなんで、やることはやってるわけです。
問題は――棚? 書店さんの棚?
ライトノベルって、一般の文庫コーナーと違うところにあるのが問題なんじゃね?
角川、講談社は一般文芸がありますから、ラノベを拾ってきてもすぐに
ラインナップに入れられるけど、他はそうもいきません(徳間、小学館はいけるか)。

ハードカバーは苦肉の策だったのかなぁ。なんだかよく分からん出版社の本も
有名出版社のも割合区別なく並べられてるのを見ますね。

のなすらが憤ったところでどうしようもないことなんだろうけど、
新人が山のように消費されて、ろくに日の目を見ずに消えていくのを見ると、
もうちょっとなんとかできねぇのかよ、と思わずにはいられなかったりするわけです。
プロとしての力量不足は否めないし、出版者側の冒険できない気持ちも
分かるんだけど、なんとかならんかなぁ。
(ヒット作が出ることで、あとこれくらい冒険ができる! という件を北村薫の作品で
見て、妙に納得した。文芸って、自転車操業っぽい)

大御所も大御所、筒井先生が書くことによって、
ライトノベルに一筆書くのも悪くない、という流れができれば、
少しは一般文芸とラノベの溝も縮まるような気がしないでもないです。
(アマチュア同好会にプロが本気出して圧倒する、という図に見えないこともないw)
でもファウストだもんなぁ……。他のライトノベルレーベルと全然絡みないしなぁ……。
スポンサーサイト

category: ニュース

trackback(0) | comment(4) | 記事編集

go page top

ときが見える…… 


2007.11.09
Fri
01:04

天然記念物じゃね?

や、そんなことはどうでもいいのです。
こんばんは、もう……のなすらです。
ここ数ヶ月、絶えず頭の片隅に置いていた問題がありまして。
タイムマシン問題なんですがね?

いくら技術が進歩しても、タイムマシンは絶対に無理(アルファルファモザイクさん)

別に作りたいわけじゃないんだけど、ちとはったりの利く考証を
考えなきゃいかんなぁ、ということがありまして。
スコシフシギのSFならば、ドラえもんが一日でやってくれました、で済むんですが、
本気で考えると、問題の立脚点すら見つからないみたいな。

タイムマシン関連で必ず上がるのは、タイムパラドックスが有名ですね。
あと平行世界論。これは別にタイムマシン以外でも、量子論で論じられます。
で、ここから本題。

まず時間の捉え方ですが、有名な背理があります。
ゼノンのパラドックスというやつで、『アキレウスと亀』や『飛んでいる矢は止まっている』
というもの(続きは折り畳んでおこう……)。
-- 続きを読む --

category: 雑記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。