06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

約束の場所はあるよ、青森にあるよ 


2007.07.12
Thu
04:51

『雲のむこう、約束の場所』観たどー。

こんばんは、ゲームセンターCXの放映時間が迫る中、エンディングを観ていた
のなすらです。

【感想】
うん、非常に有野課長らしい展開だったと思います。

……
………
いやいや、ちゃんとクリアしてましたよ? 『マイティボンジャック』。
当時ののなすらはクリアできんかった。あれは5、6歳(だったかな)には難しすぎます。

冗談はさておき、新海監督らしい作品だったな、と。
とりあえず、54:50から鳥肌立ちました(メモ取っちゃったよw)。
音楽は偉大だなぁ。イメージが広がる広がる。
詳しく書くと興ざめなので、別のものを使って作品説明をしよう。

~注意:観賞時に雑念が浮かぶ可能性があります。
     それでもいいという人は、反転させてください~

↓ここから
えーと……普段は何気なく目を通してるマイナー雑誌があって、主人公は立ち読みで
済ませてるんですよ。でもある日、非常にプレミア価値があることに気づくんです。

んー……リア・ディゾンがこっそりポロリしてた、みたいな感じです。

(急遽、回収されたんでしょう)
ちっくしょう、あのとき買っておけば……と悔やみながら3年過ぎます。
そして、とある古書店で幻の雑誌が入荷されたと知り、向かってみるんです。
ところが、すでに人手に渡っていることを知り――陳列されていた場所に佇む主人公。
すると、3年間心を縛り付けていたあの雑誌の感触が喚起され、
主人公は出会うんです。

幻のリア・ディゾンに。

もう、心を冷たく閉ざす必要はない。
彼女と語らい、彼女と夢見たあの場所に。
雲のむこうに――
約束の場所に――

人手に渡ったとはいえ、まだオークションがある(ちと違うなぁ)。
世界がきな臭い動きを始める中、主人公は着々と準備を進めるのですが、
もう一人の主人公に銃を突きつけられながら問われます。

「世界を救うか、リア・ディゾンを取るか」

喧嘩もしたし、危ない目にもあった。
でも二人は親友で、道は違えてしまったけど、同じ思いを抱いている。
ずっと忘れられなかった、あの日の約束。

いよいよリア・ディゾン争奪戦が開戦される中、

ずっと、ずっと羽ばたくことを夢見ていた翼が、空に舞い上がります。
主人公とリア・ディゾン抱き枕を乗せて――
(入札開始)

↑ここまで



いや~、熱く語っちゃいましたね。

いろいろ投げっぱなしなところはありますが、それについてはヒッチコックの創作論を
参考にするといいんではないかと。
(マクガフィンでググるとわかります。映画『RONIN』がまさにこの手法)

物語を奪われる→回帰、というプロットは、シンプルなだけに安心感があります。
独白が詩的で、言葉以上にイメージが広がっていきます。これが心地よい。
(たぶん好き嫌いが分かれるとしたら、言葉のチョイスでしょう。好きな人は
どっぷり浸れるのではないかと)


では最後に、この作品の印象づけるとっておきの一言を。

「――あの、白い綺麗な飛行機は、海の向こうまで無事に飛びましたか?」


7月18日まで公開です。興味を持たれた方は、是非ご覧あれ!
スポンサーサイト

category: 雑記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

撮影中に30分も無言になるやつがおる 


2007.07.12
Thu
00:03

課長オーン!

こんばんは、再びのなすらですよ。
どうやら今日の深夜、『ゲームセンターCX』がやるようで。
(2:30頃だったかな。関東地域だけ? なのかな)

よゐこの有野 晋哉が(基本)ゲームをする番組なのですが、
これがなぜか面白い。というか、他人のプレイを見るのって面白い。
のなすらが好きな回は、『忍者龍剣伝(FC)』ですかね。
むかーしやった記憶があるんですが、ラスボスまでたどり着けなかったんですよ。
なんでだろう? と思ったら、CX見て謎が解けました。

忍者龍剣伝は、全6章構成のアクションゲームなんですが、
最終章だけ、

ラスボスに負けるとステージ最初に戻される

んですよ。(6-1、6-2、6-3を経てボス戦なんですが、6-1に戻される)
これがもう、見てるだけで絶望感を覚えてしまう。
最終章は敵が多く、ボス戦のために残機とHPを残しておく必要があるんですが、
ざっくり削られる難易度なんです。

有野課長も相当苦戦してました。スタッフ一同、みんなの気持ちを一つにして
挑んでいた最終ステージは胸が熱くなりますw

あとはマリオシリーズも忘れちゃいけませんな。
毎回毎回、マリオ死にすぎw
無限増殖してもすぐなくなってしまう。
マリオワールドでは、最後のクッパ戦で名言も出ましたね。

「くぐれ!」

タレントに撮影スタッフが命令ですよw
いやもう、スタッフの気持ちが痛いほど分かる課長のプレイっぷり。
無事エンディングを向かえたときは、もの凄いカタルシスに放心しそうになりますw

何気にすごかったのは、『ときめきメモリアル』攻略の回。
課長、グダグダプレイは相変わらずなんですが、初回プレイで
ヒロインの藤崎詩織をオトしてます。
あのゲームはもっと殺伐とするべき。一回でオトしちゃいかんのですよ。

とまぁ、まったりしつつ、やきもきさせられる番組ですが、
大変面白いので要チェックしときます。

あー、あと、web配信の『雲のむこう、約束の場所』ですが、
Yahoo!プレミアム会員か、BB会員じゃないと見られないみたいですね。
ヤフオクやる人はアカウント持ってるでしょうが、ない人は……えーと、
小銭払ってもいい人だけ、と勧めておきます。
(無料じゃねーじゃん! と思った方、申し訳ない)

category: 雑記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。