05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

Time to say Good Bye 


2007.06.25
Mon
23:54

うたわれるもの第51回配信

終わって……しまった……。

こんばんは、のなすらです。
月曜日の甘露が、終わってしまいました。
なんだかんだいって、約1年続いたわけですが――楽しかった。
ラジオで封印を解かれたハクオロさん(小山力也)は、
再び封印されてしまいました。



   ~以下、内容に触れます~



まさか、ラジオできんたまとか愛撫って言葉が出てくるとは思いませんでした。

いや、出てくるラジオ知ってますけど、

「俺のきんたまを食え!」

という力ちゃんは、衝撃的でした。
(※きんたま=金色の薫製卵らしいです)

柚姉も、「みんな~、力也さんからきんたまもらったよ~!」
とかねw

柚木涼香さんは放送初回から、「最終回で小山力也と結婚します」ことを公言し、
事実、力ちゃんを口説き落とそうとあの手この手で攻めていました。
最終回には、エルンガーフォーク(最大64センチまで伸びる)と対になるように、
力ちゃんにエルンガースプーン(最大ry)が柚姉から贈られ、悩ましげな声が上がりましたw

本人(柚姉)の発言を抜粋しますと、
「いまね、えーと、何を……柚ちゃんはされたかって言うと、なんかね、柚ちゃんのフォークを防御するどころか、スプーンを伸ばして、柚ちゃんの首元を、くりっ、くりっ、て」
で、「はぁ……愛撫されてしまいました」と。

こんなにいろいろやってくれるようになった力ちゃんが、再び封印されてしまったことは、
非常に残念!

エンディングは、本編(ゲームのうたわれるもの)のエンディングをパロディ化したものでしたが、
可笑しいに切ない。
イラストに起こしてみよう――ああ、そういえば、うたらじ関係は一枚も描いてないや。
よし、描こう。
なるべく早いうちにw
スポンサーサイト

category: 雑記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

パソコンまわり(今日のテーマ) 


2007.06.25
Mon
00:36

BlogPet 今日のテーマ パソコンまわり
「あなたがパソコンの周辺機器で、こだわって選んだアイテムを教えてください。」

トトロのぬいぐるみ。

尻尾を引っ張るとゼンマイが巻かれて、離すと自走します(振動で)。
USBストレージでもなんでもないんですが、癒し系グッズがあるとちょっと違います。

昔はグリコの食ガン(タイムスリップ昭和の風景? みたいなやつ)を並べたり、
チョコエッグ(世界の戦闘機シリーズ)なんかを並べてたんですが、地震でぼろぼろ
落っこちたりしたので、撤去しましたw
そうそう、ひもで吊したぬいぐるみもあります。こいつは地震センサ。
こいつが揺れだすと、地震がやってきますw

パソコン作業中に使う周辺機器は、そんなにこだわりがありません。
そのとき安かったのとか、前から欲しかったのばっかり。BUFFALO製が多いのは
値段かなぁ。ルータがBUFFALOのだったんで、ドライバの互換性を考えると、
同一メーカの方が便利かな、とか。

ワコムの液晶タブレットとか欲しいんですが、20万30万はさすがに手が出ないw
それならマシン新調しちゃうね、うん。

category: 雑記

trackback(1) | comment(3) | 記事編集

go page top

いろんな意味で急降下 


2007.06.25
Mon
00:24

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070624-00000055-mai-soci
<急降下アトラクション>13歳少女が両足切断 米遊園地で

こんばんは、チョー眠いのなすらです。
鼻水は止まりましたが、不眠は解消されず。
肩こりからくる頭痛も相変わらずです。
('A`)<勘弁してくださいよ、ほんともう。

さて、『急降下』系のアトラクションって載ったことがあるでしょうか?
強烈なマイナスGで、内臓が浮き上がるアレですね。
のなすらは、絶叫マシン系は嫌いじゃないんですが、やっぱりおっかないものは
極力回避したいです。

で、アメリカでこの手のアトラクションを楽しんでいる途中に、『バチーン』と
ケーブルが足に当たり――最悪の事故になったとか。

問題のアトラクションは、最高時速90キロらしいので、世界記録ものに比べると
むちゃくちゃ速いってわけでもないんですが……ちと状況をシミュレートしてみましょう。

事故の詳細は完全に明らかになったわけではないようですが、アトラクション運航中に
ケーブルが切断し、少女の足を襲った。
この手のケーブルって結構太い奴だと思うんですが、のなすらが最初に想像したのは、
太いケーブルが『ぶったたく』ように足にぶつかり、切断せざるを得ない損傷を受けた、
なんですが、ちょっと違うかも。

相対的には時速100キロ以上で、うまい棒くらいのケーブルが足に当たったとしても、
(傷は残ると思いますが)切断に至るほどダメージは受けないでしょう。
では、どんな場合なら深刻なダメージになるかっていうと――

巻き付きです。
これはシャレにならない。ぐるぐるに巻き付くわけではなく、足に当たった瞬間に支点が出き、
ケーブルの運動ベクトルが変化します。振り子の実験を想像してもらうと分かりますが、
エネルギー保存の法則というのがあって、位置エネルギーと運動エネルギーを交互に消費することで振り子は動き続けます。このとき、支点と振り子の距離が近ければ近いほど、加速します。

事故のケーブルを振り子に置き換えると、およそ90キロ近くのスピードで足にぶつかったあと、
そこを支点にケーブルは慣性で巻き付く運動をします。
すると、支点と振り子の距離が近づきますから、加速するわけです。
問題は、ケーブルの本来の支点が少女の足ではないという点で、巻き付きかけたあと、
ケーブルと少女は離れていくわけですよ――本来の支点を中心に。

巻き付きかけたときと、離れていくときに、少女の足はのこぎりで削るようにケーブルに擦られたわけです。「あっ!」と思ったときは、もう遅かったでしょうね……。
最悪の場合も想定できます。もしもケーブルが、首に当たっていたら――?
想像するのも恐ろしい事態です。

一応シミュレーション、ということで書きましたが、実際には都合よく巻き付いてきたり
するかどうかは不明です。ケーブルが細く柔らかい、という条件ならば、
こういうことが起こっただろう、という可能性が少しは高くなりますが、うまい棒くらいの太さ
だったら『鈍器』と変わらないので、それほどの衝撃が襲ったのだな、と思うしかない。

娯楽を楽しむのも命がけ、ってのは怖いですね。
余談ですが、戦闘機のパイロットでもジェットコースター系が苦手な人はいます。
最大8Gくらい受けるんですよ、戦闘機って。
ブラックアウト(Gによって血液が下半身に集まり、一時的に視力が死ぬ)とか
レッドアウト(強烈なマイナスGで頭に血液が集まり、視界が真っ赤に染まる。
毛細血管とか切れます)とか、過酷な状況を知っている人でも、ジェットコースターは怖い。

なぜなら、ジェットコースターは自分で操作できないから。
いきなり予想していないGがかかったら、誰でも怖いんですねw
(高G下にあるとき、Gに備えて体勢を取っていないと首をやられます。緊急脱出装置
って、瞬間的に20Gくらい負荷がかかるので、脱出するにも命がけなんだそうです)

category: 雑記

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。