05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

任天堂は懐が深いなぁ 


2007.06.15
Fri
15:44

どきどき魔女神判 店頭デモの「乳揺れ」具合:動画(アキバBlog)

まずは動画を観て欲しい。
そうしたら、これから書く文章は、すべてがおまけになります。

( ゚д゚ )<……観た?

( ゚д゚ )<……いい?

( ゚д゚ )<……え? こっちみんな?


 ⊂( ゚д゚ )
   ヽ ⊂ )
   (⌒)| ダッ
   三 `J


どきどき魔女裁判――改め、どきどき魔女神判。
開発画面が登場してからというもの、

『これなんてエロゲ?』
『これはねーわwwww』
『100万本予約した』

等、良くも悪くも話題になったニンテンドーDS用ゲームですが、
いよいよ発売まで一ヶ月を切ったこの時期に、『だ、大丈夫か!?』と
こちらが心配しそうなデモが登場しました。

……これ、ボイスあり? なんですかね?
反応がいちいち狙いすぎてて、グッとガッツポーズを浮かべる外人四人組
浮かぶんですがw

この手のゲームは本来ならDS黎明期に出てもおかしくないんですが、
(タッチが売り。玉石混合で乱発してる中にこっそり忍び込ませるw)
割合落ち着いているいま出すとなると、DSもいい具合に煮詰まってきたって
ことなのかなぁ。
勢いだけで2万本くらいいっちゃう?

たとえばですよ? これを小学……5、6年生が買ったとしましょう。
買ったからにはオカ楽しむと思いますが、PTA文句言わないかなぁw
……いや、うん、のなすらが気にすることじゃないですね。
「ば、罰ゲームで買わされたんだよ!」とか言い訳すんなよ小学生!
問題大きくなっちゃうからな(お金が絡みますからw)!

で――のなすらですが、ちょっと遊びたい。
やっぱり、タッチ捜査(誤植に非ずw)できるのはユーザインターフェイスとして
面白いと思うんですよ。
PCだとマウス、ペンタブがありますけど、もっと『ライブ』に近い感覚が、
DSにはあります。

あー、つっつきてぇ(最低)。

まぁ、動画レビューなんてのがうpされそうな気がするので、
それを観ようかな。

か、買わないよ!? 絶対買わないよ!
スポンサーサイト

category: 雑記

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

いのち(今日のテーマ) 


2007.06.15
Fri
06:28

BlogPet 今日のテーマ いのち
「あなたは命より大切な物がありますか?」

生命と等価値か、それ以上となると、ちょっと思いつきません。

強いて言うなら『記憶』かな。
ごっしごっしと消しゴムをかけるように真っ白になったら、きっとこんなことを考えていた
ことも忘れている。何より、思考法が変わるはずです。

のなすらの姿をしたソレは、のなすらではないんです。
悲しいことだ、と思ってくれるのは自分ではなく他人(いたらいいのにねw)。
そして、他人からのなすらのことを聞かされても、ソレは他人の話にしか
思えないわけで。

それどころか、自分に別の人生があったなんて聞かされたらホラーでしょう。
何をやってきたのか全然知らないんですよ。
記憶喪失につけ込んで、犯罪をなすりつけられることだって考えられるわけで、
恐怖のデフレスパイラル。なんだか、簡単に心が壊れちゃいそう。

うん、やっぱり『記憶』ですよ。

category: 雑記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

意識改革って、大事 


2007.06.15
Fri
06:08

20070615055747.jpg


おはようございます、のなすらです。
最近の手抜き絵っぷりに、さすがによくねぇなぁと思い、
必死こいて描いてみました。

よくできたかどうかは別にして、きっちりやることが大事ですよね。
なんかダイバスターのあとに、デジ絵師なんちゃらってのがやっていて、
プロの作業風景を観ることができたんですが、

いやぁ、速い。

ざっざかざっざか塗ってくんですよ。
ある人は液晶タブレットを使ってたんですが、ぐるぐる回しながら、
躊躇いなく線を引き、色を載っけてく。

「ああ、絵が描きたい!」という気持ちが湧きます。
それだけの牽引力がありました。
と同時に、やっつけはよくねぇな、とw

自分のタッチを覚えるためにも、考えて描かなきゃいかんです、はい。

category: 落書き

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。