05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

ペプシきゅうりとな? 


2007.06.13
Wed
22:32

ペプシは人間に発売してるつもりで、実際は河童社会へ


進出を果たしていたんだよ!

Ω ΩΩ< な、なんだってー!!

こんばんは、のなすらですよ。
ちこさんのところで発売を知ったので、今日帰り道にコンビニへ寄ったとですよ。
ワクテカワクテカしながらね。
なんか知らないけど、今日は一日中鼻水が止まらなくて、生きるのに最低限必要な
酸素を吸うことすら困難な人間がですよ?

「……ペプシきゅうりペプシきゅうりペプシきゅうりペプシきゅうり……」

セラー(でいいのか? 陳列してるとこ)の前で、けだるげに座り込み、ぶつぶつ
呟いてるわけですよ。
そりゃあ、他のお客さんが近寄ってこないのもしょうがないですよ。
ここで近寄れるとしたら、河童か、のなすらをスネークしてるVIPの手先くらいですよ。

で、コーラとペプシのあたりを何度も何度も確認したんですが、
ねーでやんの。

なんだっけ……? きゅ……キューカンバー?
売り切れてましたよ。
がっかりしたんで、カレーパンとのだめカンタービレの新刊買って帰りました。

うっひょう! 今日発売だったのかYO!

ペプシきゅうり? そんなことより、千秋が引っ越した方が大事でしょ!
スポンサーサイト

category: 雑記

trackback(0) | comment(5) | 記事編集

go page top

あだ名(今日のテーマ) 


2007.06.13
Wed
03:33

BlogPet 今日のテーマ あだ名
「あなたは周りから普段どんなあだ名で呼ばれていますか?」

……? アッー! 思い出した。

中学入ったばっかりのころ、『博士』とか呼ばれてましたな。
眼鏡かけてたらなんでも博士かよ。
やったね! 論文書かずに博士だよ。
名刺作ったら、ドクターって肩書き入れてもいいんですか?

「専攻は何を?」
「おっぱいを少々……」

とか答えればいいんですかね?

「ああ、自然人類学ですか」
と分かってくれると思うんですよ。

そこからはおっぱい談義ですよ。
やれ理想的なおっぱいの大きさはだの、巨乳を数学的に分解するとだの、
目に見える貧乳はおっぱいという概念の補集合であり、実際の巨乳よりも
総体としては大きいだの、おっぱいが光速度で弾んだとしたらどのような影響が
出るかだの、おっぱいがトンネル効果でポロリする確率は水泳大会何回分で
表すかだの、おっぱいをどれだけ簡略化して記号化できるだろうかだの、

午前3時におっぱいおっぱい書いてるのなすらは、

人としてどうかと思うんですよ。

森永のマミーうめぇwwww
ああ、あだ名はマミーでいいよもう。
マミーかおっぱいの人って呼んでください。

category: 雑記

trackback(0) | comment(6) | 記事編集

go page top

一切が空 


2007.06.13
Wed
00:45

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070612-00000100-mai-soci
<トイレ出産>女子高生を殺人容疑で逮捕 新潟・長岡

『バカ』映画について記事書いてたら、こんなことになっていたとは……。

こんばんは、のなすらです。
想定していなかったといえば嘘になりますが、名もなきえい児が殺意によって
この世を去ったことは、生きている我々にとって恥ずべきことではないか、
と思ってしまいます。

人間の赤ん坊ほど無防備なものはありません。
自然界では、生まれ出て一時間以内に動けない生物はほとんどいません。
外敵が多く、自らの身を守らねばならないからです。

でも、人間の赤ん坊は守ってくれる人が大勢いる。
だから、すくすく伸びやかに、育っていくわけです。

件のえい児は守ってくれる人がいなかった。
たとえ母親が守ってくれなくても、誰か守れた人がいるんじゃないのだろうか。

部外者であるのなすらには、可能性の話しかできません。
遠からず、こうなってしまった責任がないともいえません。
福祉事業は年々高齢者や児童が増えるのに対して、予算が削られています。
DVで家にいられなくなった児童が、施設に入ることもいずれできなくなるでしょう。
それほど福祉の現場は、あえいでいる状況です。

可哀想、酷い、誰か助けてやれ――
そうした無念の言葉は、ただ吐かれて消えていくのではなく、
ほんの僅かでも、見知らぬ人を助けることができる魔法の言葉になりうるのだと、
のなすらは思いたいです。

一切が空。
無常であるという意味ではありません。
すべては『空(そら)』で繋がっているという意味です。

同じ空に生きたものとして、
えい児に冥福を。
母親に無念を。
社会に怨嗟を。
世界に祈りを。

category: ニュース

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

バカを定義する必要がある 


2007.06.13
Wed
00:22

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070612-00000006-flix-movi
下ネタ満載! 飛行機に、ゾンビやヘビ! このバカ映画を見逃すな!

くっだらねぇことを許容できるようになったら、本当の意味での知識人
なんじゃないかな、とか思うわけですよ。

こんばんは、のなすらです。
100ある物語のうち、『これはバカだ』と明確な定義付けができる人がいたら、
ちょっと聞いてみたい。
『バカ』とはなんですか? と。

意外と難しくないですか?
たとえば、ある殺し屋が主人公だとします。殺し屋はあらゆる手段で人を殺せる
プロフェッショナルですが、ある日こんな依頼を受けます。
「10億出す。あんたをできるだけ残忍な方法で、あんたに殺してもらいたい」
殺し屋はプロフェッショナルだから、この依頼を受けます。
さて、いったい殺し屋はいかなる方法で自分を殺すでしょうか?

ありとあらゆる残忍な方法を考えてみるが、どう考えても自分一人では遂行できない。
では、10億を元手に助っ人を頼むか?
そうすると、依頼人との契約である『殺し屋自身で殺す』という内容を破ってしまう。
では、とどめだけを自分でやる?
仮に四肢を切断したとして、最後の一手を打つまで意識が残っているかどうか。
外科的に出血量をコントロールし、痛みは麻酔でコントロールする?
となると、外科医がいる。しかし、助っ人を頼むことになるので、この案は却下。

殺し屋は依頼人に連絡をします。
「期限はいつまでだ?」
「俺が生きてる限り、だ」
依頼人は30半ばの男性。新興マフィアながら、破竹の勢いでのし上がってきたため、
ボスである彼はまだまだ若かった。天寿を全うするならばあと50年近くは時間がある。
しかし、殺し屋に依頼をするような人間は、いつ死んでもおかしくない。
ということは、期限はあってないようなものである。

殺し屋はスケジュールを立てます。
期限は一週間。
方法はチェーンソウを使う。
必要な小、大道具をリストアップし、それらを自作する。
大道具を置いても不審がられないセット(小屋)も自作する。

殺し屋は一心不乱に大工仕事に励みます。
突貫工事のため、昼夜を問わずやるしかない。
なるべく人目に付かない場所、と考え、田舎へ引っ越す。
木材を運び、チェーンソウで加工し、釘打ちをする。

やがて、噂になります。
一人で家を作ってる奴がいる、と。
目立つつもりはなくても、やはりプロフェッショナル。
動きが違います。
見物人は少しずつ増え、いつの間にかギャラリーが層を作ってしまいました。

殺し屋は言います。
「見ても面白くないだろう。だから、見ないでくれ」
「手伝おうか?」とギャラリーの一人。
「いや、独りでやる。独りでやらなきゃならないんでね」
「ふむ……何か理由が?」
「……すまないが、時間もないんで作業に戻らせてもらおう」
殺し屋は作業に戻り、黙々とセットを作ります。

ほとんど奇跡的に、6日ですべての行程をクリアします。
準備はできた。あとは依頼人に死ぬ場所を教え、仕事を終わらせるのみ――

「すごいなあんた! こんな早くに作り上げちまったのか!」
ギャラリーが歓声を上げ、セットを取り囲みます。
「内装工事までやったのか!? 信じられない!」
殺し屋はプロだったので、セットでも手を抜きません。
家具や生活用品を持ち込めば、すぐに住めるセットを作りました。
「こんな腕のいい大工、見たことない!」
殺し屋には準備が残っていたので、早くギャラリーに帰ってもらいたかったのですが、
「なぁ、パーティをしないか?」
「いいね! あんたを歓迎したい!」
「そうだな! 新しい住人を皆に紹介しよう!」
話はどんどん進み、いつの間にか殺し屋のセットでパーティを行うことに。

その日の夜、パーティが行われました。
集まったギャラリー達はひとしきり殺し屋を褒め、セットを褒め、街の良さを褒めました。
最後の晩餐である――そう考えたとき、殺し屋はほろ苦い微笑を浮かべます。
孤独が常だった殺し屋が、まさか大勢の人に囲まれて、笑顔の中心にいるなんて。

夜も更け、皆が帰ったところで来客がありました。
「……なんだこりゃ」
依頼人でした。
殺し屋はばつの悪そうな顔を浮かべると、準備に取りかかります。

別室ですべての準備が整ったとき、殺し屋は依頼人を呼びました。
依頼人は疑うことなく部屋に入ってくると、目を丸くしました。
「ど、どういうことだ……?」
殺し屋は答えます。

-- 続きを読む --

category: ニュース

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。