05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

地獄からの使者(リオファネス城屋上) 


2007.06.09
Sat
16:02

20070609154430.jpg


『オレはアルマに感謝している。異端者にならなければ、
 猟奇殺人者になっていたから……      ラムザ』


やってること変わってなくね?

はいこんにちは、のなすらですよ。
FFT、Chapter3の最終盤であるリオファネス城屋上です。
ウィーグラフとの対決もいろいろ考えたんですが、
あまりに普通で面白くないので、カットすることにしました。

で、出来上がったのが上のやつです。
初写植! なんて面倒くさいんだ!
でも、見やすいかな?

一応書いときますが、元ネタは『デトロイトメタルシティ』の1巻です。
クラウザーさんがいいのですよ。
なにげに帯のコメントが豪華ですしねw
(ハロルド作石、クマウザー3世(羽海野チカ)、木村カエラ)

プレイの進行度は……ベスラ要塞に向かってるところです。
ですが、ネルベスカ神殿が出てるんで、どうしようかなーと。
さくっと、取るもん取っちゃうか、お楽しみは後回しにするか。
バルフレアが仲間になったのはいいんですが、育てるのメンドクセ('A`)
(ルッソも放置したまんまだなぁ)

そのうちまた何か描きます。
ラファの剣が、これとリンクしてるんで、
何か絡んだものを……描けたらいいなぁ。
スポンサーサイト

category: ゲーム関係

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

開拓したいなぁ 


2007.06.09
Sat
10:05

おはようございます、のなすらですよ。
なんか、メリーズパンツのCMを聞くともなく聞いていたら、

メリーズブートキャンプ

という言葉ができてしまって、
「ああ……新生児からエクササイズしなきゃいけないほど、肥満は深刻な
問題なんだな」
とか思いました。

ググってみたら、同じネタを書いてた人がいたw
なんかOPERAが落ちたけど、のなすらは元気です)

んで、タイトルの話をば。

のなすら、細菌小説読んでません!

だって、ウイルスノベルだぜ?
じゃなくて、最近珍しく読んでないのですよ。
忙しいっちゃ忙しいんですが、時間の使い方が下手になってるようで。

ネタ探し>>>>お絵かき>>>>FFT>>>>寝る>>>>読書とか

というような優先度になっていて、インプット量が減っております。
食事でいったら、ご飯食べずにお菓子だけ食ってるようなもん。
不摂生な生活してると、身体に悪いわけですよ。

ポッキーのクッキークランチうめぇw


というわけで、【め~てるの気持ち(奥浩哉:集英社)】

小説じゃねーじゃん。漫画じゃん。
奥さん(主婦ではない)といえば、【GANTZ】があるわけですが、
最近ちょっと、アフタヌーンの【EDEN】化してきた? とか思うんですが。
(登場人物の入れ替わりは設定上仕方ないことですが、ちとメイン級が
死にすぎかな、とか。どうやって風呂敷畳むのか、楽しみですな)

で、め~てるの方。
『ひきこもりと、愛と、悲喜こもごも。』
と帯に書いてある通り、引きこもりのラブコメです。

三行で説明すると、

ひきこもりが
年下のお母さんに
うはwwwwおkwwww

という感じ。

知り合いに読ませたら、「展開がおせぇ!」と言われたんですが、
そうか? と首を捻ってしまったのなすらです。

まず、前提条件として、主人公の小泉慎太郎(30)は
15年間ひきもっている、プロのひきこもりです。
他人といえば父親だけで(母は他界。引きこもりの原因に)、
見事な内弁慶っぷりが、冒頭にあります。

父親はなんとかして、引きこもりから脱出させたい。
女性の話はどうだろう? 「女はいいぞ~」
「彼女ができたら、出てやるよ!」
彼女を捜すが、イケメンでもないし……

と思ったら、すでに彼女がいた(本作のヒロイン)。

ドア越しに彼女を紹介するが、信じない息子。
再婚→ハネムーン→葬式と、
怒濤の展開っぷりがあるわけですが、
これ以後、物語は慎太郎と年下の母親、はるかに焦点が当てられます。

んーと、上記のことは第一話なので、これ以後失速するのは否めないですが、
ぽんぽん展開が進むなら、慎太郎は引きこもってないYO!
と思うのなすら。

第二話では部屋から一歩出るだけで一話使われます。
(※もちろん、いろいろな思惑が動くわけですが)

確かに遅いかもしれません。月面に人類の一歩を刻んだわけではなく、
部屋から一歩出ただけですからね。
でも、皆が皆、同じ速度で生きているわけではない。
引きこもることによって、外界と時間を遮断してしまった人間には、
ネットよりも遅い現実のスピードが億劫なのでしょう。
(レスポンスの悪さに苛立つことってありますよね)

ネットの依存性の高さっていうのは、
自分が動かなくても、クリック一つで様々な情報にアクセスできてしまう
利便性によるところが大きい。
図書館で欲しい情報を探すよりも、グーグルでキーワード入力すれば、
1秒にも満たない時間で関連リストをピックアップしてくれる。さらに、
アクセスしたページに検索をかければ、必要な部分がすぐ分かる。
そしてリンクを飛べば、お腹一杯です。

自分がやらなくてもいい→ならやらないほうが効率がいい。
(もしひきこもってしまったときは、ネットと食事を絶つといいんじゃないですかね。
それだけで、『食欲』のために外へ出る必要性ができる)

主人公の慎太郎は、どちらも与えてもらっています。
その習慣に慣れ親しんでしまった彼は、外へ出る必要性を感じない。
でも両親が亡くなり、ヒロインの決断によって、『出ざるを得ない』状況に
追い込まれる。

彼が取った行動は、『部屋から一歩出る』という意思表示だったわけです。
言葉で引き留めるのではなく、態度で示した。
そこに説得力が生まれるわけです(ヒロインに対しても、読者に対しても)。

それからまたぐだぐだになるわけですが(w、
煩悶する慎太郎の姿と展開の遅さは、少なくとものなすらには
好意的に取れました。

だって、ひきこもってたらイベントなんか全然ないんだぜ?
むしろ進展がある方が驚きってなもんです。

スカッとしたい方、展開が遅いのが許せない方は、ちとオススメできないかも。
ひきこもりに興味ある方、奥さんに興味ある方はオススメ。
(一巻には爆笑するシーンがありますw それはないわ、っていうのがw)

category: 雑記

trackback(0) | comment(2) | 記事編集

go page top

ペットについて(今日のテーマ) 


2007.06.09
Sat
06:46

BlogPet 今日のテーマ ペットについて
「あなたは実際に何かペットを飼っていますか?飼っていればペットの種類と名前を教えてください。」

ブログペットを始めた日に書いてますが、うちではぬこを飼ってます。

どんなにくるしくても
がけからとびおりれば
おわるよ!
                    ハ_ハ _
                   ∩゜∀゜)ノ  おわるよ!
                    )  /
                   (_ノ_ノ
               彡
      .
 _,,..-―'"⌒" ̄ ̄" ̄⌒゛゛"'''ョ
゛ ̄,,,....-=-‐√"゛゛T" ̄ ̄Y"゛=ミ
T  |   l,_,,/\ ,,/l  |
,.-r '"l\,,j  /  |/  L,,,/
,,
,/\,/ _,|\_,i_,,,/ /
_V\ ,,/\,|  ,,∧,,|_/

これじゃねぇ。

【ぬこはらまき】

                     ヽ_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_ノ
       ハ,_,ハ    m       )                       (
  ?   ,:' ´∀';   ノ    r 、  ) うおぉー 俺にもモフモフさせろー!! (
    l^ヽ'"'"~/^i'ツ'∧_∧ /    )                       (
  ヾ        'ミ,    )   __Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
  ミ  ´ ∀ `  と,   ヽ ==--- ̄ ̄
  ッ       _   "ミ__>  ====----
 (´彡,.     (,,_,ノ  _ヽ_)_)
     "'"'゙''""''''゙""´
              ふもっ

種類は……雑種? 血統書なんかないもんなぁ。
ちっちゃいころは真っ白だったんですが、汚れたみたいにぶちが現れました。

同時期に飼い始めた♂はぶくぶく太ってったんですが、
♀のちび(ちっちゃくなくてもちびなんだぜw)は、がりがりです。
ガリガリ君です。

それとよく鳴きます。おしゃべり大好きです。
人が寝ていても、おかまいなしです。
(ちょっとイラッと来るくらいw)

ペットはよかですよ。家族間のコミュニケーションを繋いでくれますから。
病弱なやつほど、溺愛されます。
亡くなったときは、悲しいですけどね……。

category: 雑記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。